2009年 10月 06日
The Horizon
e0001534_19451656.jpg
告知です。
去年の研究室展覧会「The Beyond」で来場者数が600を超す快挙で味をしめたので、今年も展覧会します。


2009年高松研究室展覧会「the horizon」

会期は10月10日~18日で、会場は去年と同じくASPHODELです。
詳しくは公式サイトで。

メインの展示は今年の卒業設計4作品と、四回生の設計演習課題作品です。
僕は去年作品を出し切ったので今回はポートフォリオのみの出品です。ただポートフォリオ自体は新しいものを作っていて、去年とはまったく違った毛色のものになると思いますので、こうご期待。

あと、あの建築系ラジオを呼んでトークショーをする企画を練っています。以下告知文をば

建築系ラジオ京都公開収録「建築の地平」
(高松伸研究室展覧会「The Horizon」関連企画)

京都大学高松研究室展覧会「the horizon」の会場にて、「建築の地平」をテーマに建築系ラジオの公開収録を行います。ゲストとして建築家の高松伸氏(予定)、梅林克氏にお越し頂き、出展した高松研究室の学生らとともに、様々な話題について討議する予定です。独自の建築教育を展開する高松研展覧会の内容をきっかけとして、本展覧会の意義、京都の建築、高松研究室の建築教育などから、高松研究室の掲げる「建築の地平」という可能性に迫るイベントです。ぜひ展覧会をご覧になって、公開収録にご参加ください。終了後には、懇親会も予定しています。当日はご自由に参加できますので、どうぞ皆さんのご来場をお待ちしています。

日時:2009年10月11日(日)15時〜18時
会場:ASPHODEL 3階 (京都市東山区八坂新地末吉町99-10)
テーマ:建築の地平
出演者:高松伸(予定)/梅林克/五十嵐太郎/山田幸司/松田達/京都大学高松研究室学生
料金:無料(会場のスペースには限りがございますので、会場が埋まり次第入場を締め切らせて頂きます)
詳細:http://www.archi.kyoto-u.ac.jp/~takamatsu-lab/exhibition/horizon/index.html
問い合わせ先:
京都大学大学院工学研究科建築学専攻高松研究室
architectural.aventure@gmail.com(担当:平野)

プログラム(予定)
1.「建築の地平Ⅰ」(展覧会説明とその意義について)
出演者:高松研学生数人+建築系ラジオコアメンバー
2.「梅林克さんが語る京都の建築」
出演者:梅林克+高松研学生数人+コアメンバー
(休憩)
3.高松伸インタビュー「(仮)密教としての高松伸的建築教育」
出演者:高松伸+梅林克+高松研学生代表+コアメンバー
(高松氏の出席が難しい場合には別テーマにて)
4.討議「建築の地平Ⅱ」
出演者:高松伸+梅林克+高松研学生代表+コアメンバー

番外編企画として、公開収録後の懇親会にて下記のような収録も予定しています。
・YSSK TIME+建築系ラジオ合同収録
・京都カリスマ建築ガールズ



トークショーをするにしては会場が若干手狭なのが心配ですが、是非是非お越しください。
[PR]

by hirano-eureka | 2009-10-06 19:58 | 建築チクチク


<< 台風一過の嵐      TOEFLの穴 >>