2009年 10月 24日
展覧会とか面接とか出願とかテストとか
e0001534_10382091.jpg
展覧会は来場者数710人でした。ご来場下さった皆さん、ありがとうございました。
多分来年もまたやると思いますので、よろしくお願いします。僕はもうその頃には居なくなっていると思いますが(いなくなっていたい!居たら留学失敗したってことです、嗤って下さい)恐らく企画までは参加することになるかも。
The Beyond、The Horizonと二回の展覧会に関わってみて、同じハコ、同じ展示構成の展覧会は今後続けてやっても仕方がないなという気がしてきました。二回まではいいけれど、三回続くともうさすがにマンネリ感がね・・・
で色々研究室の人たちと話していて、展開の仕方として
「高松研OBも巻き込んでの展覧会開催」、「東京、または海外に持っていく(ハコを変える)」
などが可能性があるのではないかという話になっています。東京・海外のギャラリーの方とか、その他興味のある方がいらっしゃれば是非是非声をかけて下さい。


展覧会が終わって間髪入れずに奨学金の面接に行ってきました。
あそこまで緊張したのは本当に久々です。大学受験以来かな。面接までの間、プルデンシャルタワーのスタバでホットコーヒー飲みながらガタガタ震えていました。もう完全に変質者。
面接はすべて英語。通常受験者の専攻分野の専門家が面接官として割り当てられるのですが、建築系の受験者が少数なため(多分僕一人?)歴史分野に割り当てられました。
そのせいもあってか質問も比較的ジェネラルな内容(なんで留学したいの?それは日本じゃ無理なの?のような)で、こちらもあんまり専門的に突っ込んだ話ができませんでした。ポートフォリオを見せたり、笑いを取ったりは出来ましたが(笑いを取るのにこだわるのは関西人だけ?)、本当に自分の意志が伝わったのか若干疑問だし、そうなると面接官と専門分野が一致している人のほうが色々専門的な話ができて、どうしても審査にもバイアスがかかってきてしまうのではないかとも思う一方、分野が一致していると論理的矛盾を徹底的に突かれてしどろもどろになって逆に印象が悪くなるという可能性もあり・・・
一概にどちらが良いかは判断がつかないですね・・・
まぁベストは尽くしたんで、果報は寝て待て、12月まで気長に待ちます。


出願もそろそろ本格的に進めないといけないので、成績表のフォーマットなど、どうすればいいか分からないところをGSDのadmission officeに電話して訊いてきました。国際電話だと高いので、Skypeの固定電話発信サービスで電話したのですが、普通の電話とまったく同じ感覚で話せて、アメリカに掛けても一分3円もしないのは本当に革新的です。追加で料金払えば固定電話からの受信もできるそうで、もはや普通の電話と変わりがなくなってしまいますね。

明日はまたTOEFLです。チャンスはあと3回。
[PR]

by hirano-eureka | 2009-10-24 11:43 | 最近の行動


<< Got fire on my ...      おこしやす >>