2001年 04月 04日
スケジュール
スケジュールについて。



留学にあたって、特に重要なのがスケジューリング。下調べから奨学金への出願、各種テストに英語での書類作成などかなり多くの事をこなさなければならず、しかも締切はどれも結構タイトなので早めに全体的な流れを把握しておく必要があります。で、大変参考になるのがこちらのサイト。「和みのま」一連の流れが非常に簡潔に説明されています。
正直ここで僕が改めて書いても仕方がないようにも思えてしまうのですが、一応2009年はこんな感じだったというので載せておきます。

合否通知までのおおまかな流れ

入学年前年
1月 TOEFL受験1回目
2月 
5月 GRE受験1回目 TOEFL受験2回目 フルブライト一次締切

フルブライト一次提出が終わった段階から推薦状の執筆依頼を開始

7月 フルブライト二次書類締切
8月 TOEFL受験3回目 伊藤財団締切
9月 GRE受験2回目 TOEFL受験4回目 村田機械締切

ここくらいからエッセーのネタを考え始める

10月 GRE受験3回目TOEFL受験5回目 フルブライト最終面接 ユニオン財団締切

ここからポートフォリオ制作開始、先生方に出願用推薦状執筆依頼、さらに各大学のOnline Applicationのアカウント作成

11月 TOEFL受験6・7回目 Official Transcript発行 フルブライト結果発表

ここからエッセーを各大学用にしてゆく。ネイティブチェックも

12月 ポートフォリオ発送 UCLA, GSAPP, MIT, GSD, Princetonオンライン出願締切 うちUCLA, GSAPP, Princetonポートフォリオ締切

入学年
1月 UPenn締切 MIT, GSDポートフォリオ締切
3月 いわゆる難関校は大体第一週くらいから合否通知が始まる。中頃にはほぼすべての結果が出揃う
4月 第二週くらいからOpen House開催
[PR]

by hirano-eureka | 2001-04-04 20:19 | 留学


<< 各大学の雰囲気をつかむ      基本データ >>