2010年 07月 12日
佐川美術館
e0001534_22485081.jpg
つい一週間前に、ようやく免許を取りました。
で、初めての遠出で佐川美術館へ。
e0001534_23274378.jpg
屋根は伊勢神宮、柱はパルテノン、と行った具合に色んな要素がごっちゃになっていて、ともすればキッチュになりかねないところを巧く綺麗にまとめていました。
外壁面は木目仕上げのPC板で地面から浮かせていたり、エッジを出していたりと、要所要所で凝っています。
e0001534_23434022.jpg
新しく出来た樂吉左衛門館は本館の意匠を踏襲しつつも、全く異質な空間を作り上げていました。展示室は全て地下に埋められ、壁面はブラックコンクリートになっていて、展示空間としては相当な暗さ。さらにプランはシンメトリーになっていて、かなり異様。

あいにくの雨で水盤もばしゃばしゃになって、全体の本来の雰囲気は掴めませんでしたが、佇まいとしては結構良いな、と思いました。最近こういったタイプの建築を見るとどうしても隈研吾の根津美術館と比べてしまうのですが、こっちの方が押さえるところはきっちり押さえていて大人ですね。
[PR]

by hirano-eureka | 2010-07-12 00:16 | 建築チクチク


<< 留学について。 はじめに      梅田を眺める。 >>