2011年 11月 29日
Japanese Junction展
e0001534_595610.jpg
Thanksgiving breakも終わり、スタジオも提出2週間前になっていよいよ慌しくなってきました。

さて、今回は展覧会の案内です。年末から年始にかけて海外で建築を学ぶ学生による展覧会「Japanese Junction」が開催されます。以下に詳細をば


会期:
2011年12/27(14:00~18:00)、2012年1/5~1/6・1/10~1/13(13:30~19:00)
12月27日はオープニングイベント開催

オープニングイベントゲスト:
柳澤潤
(コンテンポラリーズ)
重松象平
(OMA)
高橋堅
(高橋堅建築設計事務所)
中田千彦
(宮城大学)
松田達
(松田達建築設計事務所)

会場:
吉岡ライブラリー
東京都文京区湯島2-31-2 新建築社1F
www.yoshiokabunko.or.jp
twitter: @JPNJUNCTION

共催: Japanese Junction実行委員会、財団法人吉岡育英会


とにかくオープニングイベントのゲストが豪華。
ヨーロッパからアメリカ、さらにはオーストラリアまで、世界各国の大学のプロジェクトが集まる予定です。世界各地のプロジェクトが一同に会する機会というのはほとんどありません。数年前に東大で開催されたIAESでも各国の大学のスタジオ作品のパネル展示はありましたが、どちらかというと各校がそれぞれの活動を大まかに紹介するようなもので、いまひとつ迫力に欠けるものでした。それに対し今回は個人が自分のプロジェクトをもって表現するので、各人のプロジェクトにおける苦闘、思想により肉迫することが出来、そこから各大学のリアルな雰囲気を感じ取ることができるようなものになるのではないでしょうか。

僕もJesse Reiser Studioのプロジェクトを出展します。あと27日のオープニングイベントにも参加します。

あと、模型やパネルなどを世界各地から発送することもあり、展覧会自体は結構予算的に厳しい状況のようです。そこで現在「Ready for?」というサービスを通じて一口3000円からの寄付を募っています。詳細はこちらから。協賛いただいた方には今回展覧会に併せて発行されるマガジンが進呈されるのと、会場に掲示される協賛者リストに名前が掲載されるとのことです。雑誌は間接的、断片的にしかまだ内容を知らないのですが、ジェシーのオフィスにインタビューがあったりと、留学を考えている人にとってかなり貴重な情報源になるのではないかなと思います。
是非、会場に来ていただいて、あと協賛もお願いします。

会期が変更されました。一月に来場を予定されている方はご注意願います

[PR]

by hirano-eureka | 2011-11-29 15:21 | 建築チクチク


<< 帰国      Happy Thanksgiv... >>