2012年 01月 14日
JJ Portfolio
e0001534_9425725.jpg
Japanese Junction展は13日をもって終了しました。僕はオープニングにしか行けなかったのですが、twitterなどからの情報を見ている限りではお客さんの入りも上々のようで、安心しました。個人的には京都では何度か研究室の展覧会で作品を展示する機会があったのですが、東京で自分の作品を展示できるというのはまたそれとは違った感慨があります。オーガナイズしてくださった留目さん坂本さんに感謝してもしきれません。

さて、会期が終了したので展示していたポートフォリオのデータをissuuにアップロードしました。
以下のアドレスからご覧頂けます。
http://issuu.com/artitec/docs/jj_portfolio
時間不足や、ポートフォリオ作成に慣れすぎたということもあり若干レイアウト、ページのシークエンスがマンネリ化してしまった感が個人的にはあるのですが、どうでしょうか。

また、今回は展覧会のスポンサーであるGraphisoft社から協力いただいて、BIMxというipadで3Dモデルをウォークスルーできるアプリケーションに自分のプロジェクトのモデルを出力し、プレゼンパネル、模型に加えて会場に設置したipadでもプロジェクトを3次元的に見る事ができるようにしていました。
BIMxモデルも以下にアップロードしたので、ipadを持っている方は是非BIMxをipadにインストールしてモデルの中を歩き回ってみてください。
モデル:http://www.megaupload.com/?d=R5QBNZRU
BIMx公式サイトはこちら:http://www.graphisoft.co.jp/products/bim-explorer/
[PR]

by hirano-eureka | 2012-01-14 09:43 | 建築チクチク


<< Thesis starts      Japanese Juncti... >>