2013年 02月 23日
建築の自律性は可能か
e0001534_18381841.jpg
先日、ギャラリー間で開催されている「ここに、建築は、可能か」を見てきました。
展覧会自体についてはさておき、最終的に出来上がった「みんなの家」を見て思った事に焦点をしぼって書こうと思います。

数人の建築家達と伊藤豊雄が集まって設計したということですが、よくも悪くも、伊藤豊雄が全てを持っていったような作品に見えました。というのは「みんなの家」が、「メゾン・ドミノ」から「せんだいメディアテーク」に引かれた線の延長上にあるように思えたからです。
e0001534_18384981.jpg
「メディアテーク」はコルビュジエの「メゾン・ドミノ」に対する批評的プロジェクトとして一般的に位置づけられていると思います。つまり、「ドミノ」で単なる構造として存在していた柱が、中空のチューブになり、その中に設備や動線などの機能を包含し、またチューブも径が一定の単純な円柱ではなく緩やかにサイズが変わる事で、「ドミノ」では柱は細く、どのフロアにおいても同じ位置を保ちフロアごとの差異を消去した均質な空間を指向しているのに対して、各フロアにおいてムラのある不均質な空間を生み出している訳です。

で、次に「メディアテーク」と「みんなの家」を見比べてみると、非常にその構成が似ている事に気づかされます。
「メディアテーク」の林立するチューブと、「みんなの家」での同様に林立する丸太。両者とも「柱」が主題になっている事が分かります。ただ、「メディアテーク」における「柱」、つまりチューブは具体的な機能を包含する存在として位置づけられていたのに対し、「みんなの家」でのそれにあたる丸太は、中になんの機能も包含していないのです。
「みんなの家」の丸太は津波による塩害を受けたものであるそうです。つまりチューブのような具体的機能のかわりに、丸太にはそういった象徴機能が包含されていると言えるでしょう。また、丸太自体は皮を剥いだだけで製材せず、実際に構造として機能している部分を非構造部分が包み隠す形になっている点で、チューブを構成していた丸鋼が、構造強度を純粋に表していたのと対照的です。

こうしてみていると、なんとなくポストモダニズムの再評価として「みんなの家」は位置づけられるのではないかと、個人的には思えてきました。そういった点で、この「みんなの家」は今後の建築の流れを読み取ってゆく上で非常に重要な作品であるような気がしました。
e0001534_1839845.jpg
ただここで引っかかったのは、最終案以外の初期スタディ模型を見ると多くの物が、リテラルな「原始性」を希求していた点です。参加建築家の一人である藤本壮介が多用する「〜のような建築」(〜には雲、森などの自然に関する単語が入る)からも同様な引っかかりをいつも覚えてしまうのですが、これは、ポストモダニズムでは「歴史」が参照、記号化されてゲーム化していったのと何も変わらず、その参照元が「歴史」から「自然」などの別のキーワードにすげ替わっているだけなのではないでしょうか?
e0001534_18393389.jpg
あと、これは展覧会全体についての話になってしまうのですが、展覧会の主旨文などを読んでも「建築そのもの」についての言及はなく、むしろ「建築と社会」といったなんというか、ぼんやりしたものでオブラートに包んだような印象を受けました。これは自分がネット上で読んだ幾つかのレビューでもそう、またさらに言えば日本の建築界における議論もで、なにか建築そのものについての議論を避けているような雰囲気があります。おそらく建築の自律性というものを信じなくなってきているという状況が背景にあるのだと思いますが、それを信じたいと常々考えている自分としては非常に歯がゆいところです。
[PR]

by hirano-eureka | 2013-02-23 18:41 | 建築チクチク


<< ご報告。      Christmas >>