2006年 09月 20日
大江戸線飯田橋駅
e0001534_7214325.jpg
設計:渡辺誠

都営地下鉄大江戸線の駅です。大江戸線の駅はどれも建築家によってデザインされているとか。デザイナーズマンションにデザイナーズステーション、もう何でもありなんですね…



で、上の写真、高松伸の機械フェチズムごてごてガンダム様式の機械のところを生物に入れ替えましたといった感じのデザインです。こういうの結構好き。
e0001534_7383333.jpg
実はこれは換気塔、本来ならば隠すべき物で、これをあえてデザインして都市のシンボルにしようというのがコンセプトらしいです。
が、これを見る限り何か変わった形で換気設備をラッピングしただけで、隠すという点ではまったく今までと変わっていないんじゃないかと。むしろ換気塔であることが分かるデザインで、人々に歓迎されるデザインをし、換気塔という普段興味すら持つことのない物に対して理解を深める建築にすべきだったのではないかなと思いました。
しかし、周辺に対してシンボル性を持ちつつも馴染んでいたのにはなかなか感心しました。
e0001534_7405780.jpg
側面の鉄骨。ガウディっぽいです。構造的に意味あるんだろうか…

そういえばこの換気塔以外にもプラットフォームや、エスカレーター、他ありとあらゆる場所がデザインされていました。通勤ラッシュの時間帯で人が多くて撮れませんでしたが公式HPには写真と説明が掲載されています。
[PR]

by hirano-eureka | 2006-09-20 07:44 | 建築チクチク


<< 2日目 東京 part1      1日目 東京 part2 >>