2006年 11月 28日
Prime time
e0001534_19344077.jpg
この一週間、色々な事が立て続けにやってきて精神的、肉体的にかなり参っていました。今やっと一息つくことが出来る状態になったので更新。



-11/22
e0001534_2059951.jpg
課題提出。提出当日になってもパースが一枚しか上がっていない、レイアウト決まってない、ダイアグラムできてない、文章考えてないで、自分の込めた考えが十分に伝わってくる図面が出来なかったのが残念でした。
講評会でもなんともよく分からない反応しか返ってこなくて複雑な気分。
設計自体は自分としては結構やりきった感があるので悔しいです。改めて自分の考えをしっかりと人に伝えることの重要性、難しさを実感しました。
で、講評会の後は休む間もなく美術部の学園祭の展示準備へ。
この時点で96時間近く寝てなかったせいか、かなりおかしなテンションになっていました。

-11/23
学園祭初日。家で二十時間睡眠。起きたら夜。

-11/24
e0001534_21145275.jpg
始動。美術部で毎年やっている似顔絵屋台で10人ほど描く。今年は、というか今年も↑こんな感じで描きました。首相とイナバウアーと自分。
e0001534_21195818.jpg
展示もかなりの来場者数だったようです。

-11/25
来年から桂収容所に強制移動させられるので今のうちにと色々学園祭を見て回る。
天文同好会のプラネタリウムがやばかった。ダンボールで直径5mの見事なドームには激萌でした。
e0001534_2130733.jpg
あとこの膜+トラスな構造体にも萌。どこの団体が何のために作ったかはさっぱりですが素晴しいです。閉店間際に3人ほど描く。

-11/26
e0001534_21555549.jpg
学園祭最終日。親に建築学科を案内。似顔絵を7人ほど描く。
終了後、打ち上げ。美術部では3回生のこの時期で引退なので、毎年恒例の打ち上げ中のクラッカー鳴らし、後輩からのプレゼント贈呈がある。
毎年やっているので慣れっこのつもりでしたが、いざ受ける側となってみるとなにか胸にこみ上げてくるものがありました。自分は過去に作品に使った素材である爪楊枝とフリスク、あとまったく解せないTシャツをいただきました。
ちょうど二年前から担当していた美術部のHP係は中高時代の美術部からの後輩に受け継がれました。

e0001534_22112274.jpg
しかし終わってみるとなかなか寂しいものです。打ち上げが終わって朝帰りで誰もいない家に花束を片手に着いた瞬間、二度と戻ることの出来ない時間が過ぎ去っていったことを実感しました。
[PR]

by hirano-eureka | 2006-11-28 22:11 | 最近の行動


<< 高齢者集合住宅      車中より >>