2007年 04月 15日
都をどり
e0001534_7161749.jpg
父に誘われて男二人で都をどりを見に行ってきました。劇場の席に着くまでに舞妓さんの習字とか日本画とかの習い事を披露する展覧会があったり、京都の老舗が自分の所の商品をアピールするブースがあったりとなかなか不思議なものでした。
をどり自体も京都の四季折々の美しさをアピールするようなものが多く、都をどりが開催されるようになった動機付けが、琵琶湖疎水や岡崎公園の始まりと同じように、明治維新で首都が東京に移ってしまい、経済、さらには文化さえもが衰退し始めた京都を活気付けようというものだったのだろうなと思いました。
しかしあの非日常感、タカラヅカと共通するものを感じます。
[PR]

by hirano-eureka | 2007-04-15 07:33 | 最近の行動


<< いやはや      時間割。 >>