2007年 10月 12日
京都国立近代美術館
e0001534_1371568.jpg
でやってるカルロ・ザウリ展が良かったです。土の塊があんなにもエロティックで今にも動き出しそうな流れるような形態になるとはいやはや目から鱗。
ザウリ自身が指を這わせながら一つ一つ確認していったであろうその艶かしいラインを自分でもなぞってみたい衝動に駆られて思わず手が伸びてしまいそうになりました。いや本当に触れたら良かったのになぁ・・・ああいう感覚から生まれる曲線って最終的には目じゃなくて手で確かめて一つに決定するものだと思うんで。

さて、そろそろ実家に戻って敷地調査してきますか。このままいくと全長2kmの建築になってしまいそうな気がしてきました・・・まずい
[PR]

by hirano-eureka | 2007-10-12 13:19 | 最近の行動


<< ???      敷地を探して西へ東へ >>