2008年 08月 31日
再び東京にて
e0001534_1935947.jpg
卒計日本一展、終了しました。

最終日ということで、ちょっと顔を出してみたのですが、いや、凄いですね。
人、人、人。満員電車の一歩手前の密度です。

凄まじい熱気。

模型はもみくちゃにされて車の配置はぐちゃぐちゃになって、膜部分がスラブからはがれ(笑、もしかしたら車何台か盗まれてるかも・・・

僕は完全に気圧されて部屋の隅っこで呆然と立ち尽くしていました。

まぁ兎に角、吊り模型のワイヤーが切れたりもせず、無事、全会期が終わってホッとしています。ご来場くださった皆さん、本当にありがとうございました。


その後、とある設計事務所にお邪魔して、手塚さんや米田さんなどが留学用に作ったポーフォリを拝見。
CG以前の人達の図面は華やかさの点では劣るものの、迫力は圧倒的ですね・・・
今と全く作風が違っていてなかなか興味深いものでした。誰でもそのときの流行の影響は多かれ少なかれ受けているのですね。

色々と貴重な話も建築家の方から聞かせてもらえました。
ハローしか言えないのに海外アトリエに行った人の事、TOEFLは日本に存在しないと言い張って向こうに無理矢理入り込んだ事・・・
後でなんとかなることを今くよくよ考えていても一歩も前に進めないぞと。

ようやく自分の中で意志が固まってきたような気がします。もうこれは動いてゆくしかない。

PS ノートに感想書いて下さった方々、ありがとうございました。
[PR]

by hirano-eureka | 2008-08-31 23:29 | 最近の行動


<< インタビュー      ピンホールと私 >>