2009年 01月 13日
本福寺水御堂
e0001534_22584417.jpg
カメラがまた壊れました。前回と同じく電源を入れてもまったく反応しなくなりました・・・トホホ

で、家族で淡路島の水仙境に行くついでにアンドウタダオ巡りしてきました。
上の写真は本福寺水御堂。楕円形の蓮池におりてゆく階段が有名なとこですね。
e0001534_23253915.jpg
これ。
この蓮池の下にお堂があってご本尊がおさめられています。お堂内部は朱色に塗られた木で構成されていて、本尊の後ろには格子戸があり、その向こうには地上からの採光がされています。
この光庭は西を向いていて、恐らく夕方近くになると本尊の背後から光がさしてお堂内部を朱色に染めるんでしょう。

あれ、これって浄土寺浄土堂と同じアイディアですよね。
しかも回廊がぐるりと本尊を囲っている点も共通しています。
多分かなり意識して設計したんでしょうね。
e0001534_2353671.jpg
とまれ、普通にイイ建築です。さすが安藤忠雄ってな感じ。池を最後の最後まで隠して焦らすアプローチにある二枚の壁の配置は絶妙です。
いつも思うんですが安藤忠雄ってこれくらいの小規模建築"は"巧いんですよねぇ。
この後行った淡路夢舞台とのあまりのギャップの大きさに改めて確信しました。

そういえば今回の写真は親が最近買ったLumixで撮ってます。結構しっかり撮れますね。しかし本当に故障したのへこむなぁ・・・
[PR]

by hirano-eureka | 2009-01-13 00:04 | 建築チクチク


<< Japanese gentle...      あけました >>