<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2010年 04月 30日
Bring it on.
e0001534_1454372.jpg
ご無沙汰しています。アメリカ行く前に書いたのを最後に完全に放置していました。

今年もまた研究室で海外コンペに参加しています。今回はかなり多くの日本の建築家・研究室が参加していそうなのでコンペの詳細は現時点で書けませんが、去年のポーランド歴史博物館と比べてさらに規模が大きなプロジェクトです。
新しく入ってきた留学生の人達も巻き込んである程度オーガナイズされたチームで作業をしていて、コンセプトも明快にまとまり作業も結構スムーズに進んでいるので、いい所まで行けるんじゃないかと思っているのですが、さて。

個人的には今の研究室での最後のプロジェクト、絶対悔いの無いようにやり遂げたいしなんとしてもこれは勝ちたい。自分がこの場所で吸収した全てを出しきるつもりで残り1ヶ月、猪突猛進してゆきます。


オープンハウスの感想、プリンストンやニューヨークのレポートについては落ち着いてから書こうと思います。

[PR]

by hirano-eureka | 2010-04-30 14:23 | 最近の行動
2010年 04月 03日
ホロコーストメモリアルコンペ
e0001534_951421.jpg
クリックして拡大

この間書いていた、ホロコーストメモリアルコンペに出した図面です。

敷地はアメリカ東海岸のニュージャージー州、大西洋を望む砂浜に面していて、Atlantic Broad Walkと呼ばれるウッドデッキに覆われた長大なショッピングストリートの一角にあります。ここにホロコーストのメモリアルを設計せよ、という至ってシンプルなお題のコンペでした。AKICHIATLASの方にページがあるので、詳しくはそちらを参照。

読んでいて「なぜアメリカにユダヤ人のしかもヨーロッパで起こった筈のホロコーストなの?」と思われる方は多いでしょうが、これは恐らく第二次世界大戦中に多くのユダヤ人がアメリカに亡命してアメリカ社会において一つの大きな層を作っていること(俗に謂うシオニストでしょうか)に関係していて、現にアメリカには各地にホロコーストの記念碑や博物館が建っているようです。確かにボストンに行った時も街の中心部にありました。

まぁそれはともかく、このコンペ、お題はシンプルなのですが敷地が非常に厄介でした。先述したように敷地は大西洋に面した砂浜とショッピングストリートに挟まれています。そのショッピングストリートが厄介で、ホロコーストとは全く無縁の、世俗にまみれた雰囲気ぷんぷんで、巨大な地球儀がめり込んだビルがあったり、パラソルが並んでいてその下でわいわいホットドック食べていたりする。公式ページには何枚か周辺の写真が載っていますが、USJのユニバーサルシティーウォークと本当そっくりです。

やはりホロコーストと言う以上、鎮魂というか、沈黙の、静寂に包み込まれるような質の空間は必要だと感じて、そのためには騒がしい通りに対して壁を建てるなりしてその雰囲気を遮断し、ホロコーストにふさわしい静謐な空間を作るという風にすれば非常に簡単ですよね。それが今回の場合は出来ない。セキュリティの関係上、コンペのルールで通りから25%以上空間を遮蔽しない、閉じた空間を作らないという規定があって(つまり死角を作らない)そういった手段を選べない訳です。
おそらくこの課題をどのように解くのかが今回のコンペで一番重要なポイントだったのではないかと思います。


e0001534_9513230.jpg
さて、どうするか。

サイトのフットプリントと同サイズのスラブを3m浮かせることによって、通りの雰囲気から隔絶された場を設け、また大西洋への眺望を確保する(敷地前方には茂みがあってGLから海は見えない)。そのスラブが変形し、GLに接地する。これによって通りの賑やかな雰囲気から、大西洋を望む静謐へと緩やかに移行する空間が形成される。また浮かんだスラブの下は展示や集会など、様々なイベントに対応する。

以上のような至極単純な操作で作られた建築を提案しました。
e0001534_1024240.jpg
このような構成です。通りのウッドデッキをそのまま敷地に延長し、うにょっと持ち上がってスラブを支持しています。あとルーフとフロアの間に強化ガラスを挟む事によってスリットを作りそこから内部に光が差し込むように出来ないかと考えていたのですが、無茶な感じだし今回の提案ではそこまで重要な要素ではなかったので説明は省きました。
e0001534_1022398.jpg
PlanおよびElevation
e0001534_10271462.jpg
通りからのパース。このように全ての空間に通りから視線が抜けるようにしています。
e0001534_10284563.jpg
内観。左が通り側ですね。先述のスリットから光が漏れてきます。
e0001534_10302049.jpg
大西洋を望む、祈りの空間。
e0001534_10305760.jpg
スラブ下のギャラリースペース。デッキが変形して持ち上がった部分にプロジェクタや照明などを組み込めるのではないかと考えています。


さぁ、リベスキンとマイヤー、お願いします。
[PR]

by hirano-eureka | 2010-04-03 10:35 | 建築チクチク
2010年 04月 01日
ご報告
e0001534_8563116.jpg
9月からの居場所が決定しました。

Princeton University School of ArchitectureのMArchI 2年コースに行きます。

前回ブログ書いてから、実はずっとGSDの結果を待っていたのですが、一向に来る気配はなく、しびれを切らして昨日電話とメールをしたところ明け方になって正式にRejectionのメールが来ました。
海外の受験者掲示板を見てて、合格通知はだいぶ前にまとめて出たような感じであることは知っていたので、多分Rejectedか良くてWait-listedだろうなと思ってPrincetonに行くと自分の中では決めていたのですが、如何せん結果が出ないと、しかも本命としていた大学ですから身動きが取れない状況にいました。なので今はやっと進路が決まってかなりスッキリしています。勢いでスタンアレンとジェシーライザーに「入るの決めたよ!」とメールしてしまいました笑。

そういえば前回も書いたように、あれからライザーウメモトのお二人とプリンストンの学生に会ってきました。
なぜこんなタイミングよく日本に来ているのかと思ったら、どうやらライザースタジオの課題が東京湾にメガストラクチャを建てるという内容のものらしく、それのリサーチの為に学生を引き連れて日本にやってきたとの事。東大と大阪工大との合同課題らしいです。それはともかく、あのタイミングでPrincetonの人達と話す機会が持てたのは本当によかった。皆色々なバックグラウンドを持っていて(バグダッド出身だったりとか、映画専攻してたとか、中にはSci-Arc出身者も)、Princetonの学生である事に良い意味で非常にエリート意識を持っていて、そしてなによりも皆フレンドリー。僕が入ったらこのスタジオを取って、こうして、と勝手に向こうでの計画を皆で話合って決めていました笑。

何はともあれ、今は本当にわくわくしています。とりあえず4月12日のPrincetonのOpen houseに行ってきます!予定をたてなければ・・・



(今後留学を志す人の参考になればと思い、留学の今までのプロセスを振り返ってその時に得た知識情報を現在文章にまとめていっています。順次アップしてゆきますのでよろしくお願いします)
[PR]

by hirano-eureka | 2010-04-01 08:57 | 最近の行動