<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2010年 09月 21日
スタジオ開始。
e0001534_0212373.jpg
とうとうスタジオが始まりました。

今期の顔ぶれは、
David Adjaye
ASYMPTOTEのHani Rashid
Mario Gandelsonas
LTL studioのPaul Lewis

とにかく凄い面子が揃い踏みといった感じです。

それぞれの課題の概要をざっと説明すると、

アジャイスタジオは"Producing Producers"というテーマでメキシコのユカタン半島を敷地に設定し、プログラムを各自自由に想定し設計するというもの。スライドではマヤ文明の遺跡のレリーフとフランクロイドライトの作品で用いられるパターンの類似性が指摘され、ヴァバキュラーなものをどうデザインに取り込んでゆくかが一つのメインテーマであるとのこと。アジャイスタジオの特色の一つとして例年その地に関わりの深いアーティストを招いて協働してもらっているそうで、今年は彫刻家のJorge Pardoとの協働になるらしい。

続いてハニスタジオは"Zero All Data: Cities from the ground up"というタイトル。これだけ聞いてもなんのこっちゃという感じですが、よは全く新しい都市像をゼロから提案しろという、とんでもない課題。具体的な敷地は設定禁止!スライドではアーキグラム、東京計画、空中都市からブレードランナーまでさまざまな都市像が紹介され、最後に最近話題のマスダールシティが映され、「こんなのはダメね。全く新しい都市像を!」といった具合。

マリオスタジオは中国蘇州においてInter mobile center(自転車から車、公共交通に乗り換える施設)を設計する課題。中国のTonji universityと協働でリサーチをするそうで11月の休みに一週間程度現地でリサーチをし、知事に提案を行なうとのこと。かなり実践的な都市リサーチスタジオのようです。

ポールスタジオはニューヨークの州立大の近くのWashington Squareに小学校を設計するというもの。敷地には現在IM Pei設計のビルが建っていて実際に再開発の計画が上がっているそうで、そういったものをふまえながらどのような再開発が出来るかも含めた提案が求められているらしい。このスタジオはIntegrated Building Studioということで、構造環境エンジニアとの協働で設計を進めていくとのこと。

で、この中からどれか一つを選ぶ訳です。アジャイにするか、ハニラシッドにするか、かなり悩んだのですが、今までやった事のないようなChallengingなものをということで、えいやとハニスタジオにしました。

最初の三週間はひたすらMayaを叩き込まれて、そこで得た技術を応用しながら設計をすすめてゆくとのこと。課題テーマから、プロセスまで、何から何まで未知の領域ですが、がんばっていきます。
[PR]

by hirano-eureka | 2010-09-21 00:21 | 建築チクチク
2010年 09月 12日
小春日和
e0001534_1420294.jpg
もうすぐでこちらでの生活が始まってから二週間になる。
あまりにも多くの新しい経験がありすぎて、もうすでに二ヶ月くらい居るような感覚でいるのですが、時々日本とスカイプで話をすると、向こうの生活は殆ど変化していない事に気づかされて、時間の経過感覚が補正されるような具合です。

セメスター開始が迫るにつれて寮にも人気が出てきました。建築のクラスメイト達も続々と集まりつつあります。当然建築同士でつるむ訳で、寮の地下にあるD-barという大学運営!のバーに夜な夜な繰り出しては、他の学生も交えてわいわいやっています。
そういった感じで人付き合いが始まってくると、今まで殆ど見えていなかった文化の違いというものがふとした瞬間にあぶり出されてきます。今のところ建築の同期は皆欧米系でアジア系はいないのですが、そうしたこともあってか、その時々垣間見える文化のギャップが結構大きく感じられて、その度に気分が浮き沈みするような状態に。
おそらくカルチャーショックの第二段階に差し掛かったのでしょうか。ここからはあまり詰め込みすぎないようにマイペースを意識してやっていかないと。

プリンストンでは先週は少し残暑で暑い日もあったのですが、最近はどんどんと秋めいてきて、非常に気持ちのよい天気が続いています。なので今日はキャンパス内の広場のベンチでサンドイッチ片手に半日読書していました。なんと優雅な。
読んでいたのは日本から持ってきた、岡倉天心の「茶の本」と、江藤淳の「アメリカと私」
「アメリカと私」は筆者がリサーチフェローとして二年間、プリンストンに留学していた際の体験談をまとめた物なのですが、筆者の心の機微が非常に正確なタッチで描かれ、単なる体験談にとどまらずそこから文化論にまで昇華してゆくような内容です。アメリカに留学する学生にとっては必読書とも言えるのではないでしょうか。
[PR]

by hirano-eureka | 2010-09-12 14:21 | 最近の行動
2010年 09月 07日
無印とユニクロと紀伊国屋とトンカツと。
e0001534_14414348.jpg

昼過ぎに昼寝をして起きたら12時をまわってました。まだ時差ぼけが残ってるのを認識。

週末は予定通りNYへ。どうしようもなくちゃちいプリペイド携帯を買ったり、アップルストアで新しいipod touchがないか見たり、紀伊国屋とかユニクロや無印で買い物をして、あとはひたすら歩きまくってました。

無印はこっちではかなりファッショナブルなブランドとしてウケているらしく、MOMAのデザインストアにもMUJIコーナーがあるほど。SOHOのMUJIに行ったら大小さまざまな化粧品詰め替えの透明なボトルが並んでる棚の前で皆「These are so cute!」と大はしゃぎしてました。日本人としては結構衝撃。値段も結構衝撃で、円高の影響もあるのかもしれませんが、日本の1.5~2倍していました。小さな目覚まし時計とか44ドルもしたら誰も買わないよ!

一方ユニクロは日本と殆ど値段に差はありませんでした。こちらも大にぎわいでレジには行列ができていました。別に品揃えは一緒なんでしょうが、アメリカに来るととたんにユニクロが超オシャレに見えてきます。これはもう感覚が麻痺しはじめているということなんでしょうか。

あとはニューヨークに進出している唯一の日本の大型書店である紀伊国屋に行ってきました。今はニューヨーク公立図書館の前にあるのですが、父の話だと昔はロックフェラーセンターのスケートリンクの向かいという超一等地に店を構えていたそうな。本当に日本がイケイケだった時代の話です。
店は3フロアあって、雑誌から実用書まで、基本的に品揃えは日本国内の本屋とくらべても遜色がありませんでした。日本製の文房具も取り扱っていたり、建築コーナーもあります。ただa+uに貼ってあった48ドルの値札には目玉が飛び出そうになりました。こちらも無印と同じく、定価の1.5倍くらいします。
こちらでは「ニューヨーク便利帳」という現地在住の日本人向けの情報誌を買って、そのあと3Fにあるカフェでコーヒー飲んでだらだらしていました。カフェにはおにぎりや、シャケ弁当、トンカツ弁当などが置いてあります。おもわず手が伸びてしまいましたが、まだ日本食シックになるには早すぎると、無難にサンドイッチを購入。

ただその後、プリンストンに戻ってから、興味本位で大学近くの日本食レストラン(店主は中国人)に入ってトンカツ定食(Tonkatsu - deep fried pork-という表記!)頼んだら、肉の厚さが3mmで草履みたいにでかいのを5mmピッチでカットした「トンカツ」が出てきて、泣きそうになりました。興味本位でも怪しげな日本食レストランには入っちゃ駄目です。TONKATSUを食べてから胸焼けが酷くて胃の調子がしばらく悪くなってしまいました。

と、こんな具合で最初の週末は終了。明日からはとうとう英語プログラムが始まります。一日4時間英語漬けでなんとか来週のテストは乗り越えられるのか。
[PR]

by hirano-eureka | 2010-09-07 14:44 | 最近の行動
2010年 09月 04日
My new life begins.
e0001534_1144592.jpg
ようやく少し生活が落ち着いてきました。

NYに着いたのが夜の10時位で、そこから電車乗ってキャンパス内の駅に降り立った頃には12時近くになっていて、当然あたりは真っ暗、人気もまったくない中キャンパスを歩き回るのはなかなか心細いものでした。
なんとか無事に寮にも入れ、煩雑きわまりない事務手続きもほぼ終え、部屋に冷蔵庫も設置して、とりあえず最初の週はなんとかこなせたかなといった感じで、ワイヤレスネットワークに繋げられるようになったノートをベッドに持ち込んで、寝そべって書いています。

寮の部屋は、本来は二人部屋だったのでしょうか、書斎とベッドルームの二部屋があって、正直広過ぎて持て余しています。デスク、ブックシェルフ、クローゼット、衣装棚が作り付けてあって、新たに家具を買う必要は全くナシ。京都の下宿よりも快適です。ただ問題は風呂で、共有のトイレの片隅にシャワースペースが一個だけあって、シャワーはヘッドが完全に壁に固定されているタイプと行った具合。これはなかなか日本人にはキツい。もう早速日本のお風呂が恋しくなってきました。あぁ、湯船につかりたい。こればかりは慣れるしか無いようです。

週末に東海岸を直撃すると言われていたハリケーンも軌道が逸れてしまったようなので、今週末はNYに遊びに行ってきます。多分一人でゆっくり過ごすことの出来る最初で最後の週末なんで。

しかし、こっちで生活を始めてまだ3日と経っていないものの、普通に生活するだけでこれだけあっぷあっぷなのに、そこにさらに本業である建築の勉強ができるのか、かなり不安です。こっちに来てからは本を読んでも全く頭に入ってきません。うーん、時間が解決してくれるのかな。
[PR]

by hirano-eureka | 2010-09-04 11:44 | 最近の行動
2010年 09月 01日
READY
e0001534_16314214.jpg
READY TO FLY!!!! SEE YOU SOON JAPAN!
[PR]

by hirano-eureka | 2010-09-01 16:32 | 最近の行動