<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2012年 02月 21日
悶々
e0001534_15374489.jpg
模索中です。未知の方向に進んでいるのは確かなのだけれど、果たしてこの先に何かタンジブルなものはあるのか・・・
[PR]

by hirano-eureka | 2012-02-21 15:39 | 修士設計
2012年 02月 11日
Thesis must go on.
e0001534_7134869.jpg

以前書いたThesis Proposalですが、その後のLizとのミーティングで「Hypothesisがない」「論に飛躍が多くて筋が通ってない」とけちょんけちょんに言われました。しばらく凹んでいたのですが、最初の導入部分から書き直しました。Times Squareのまま続けるか、一旦敷地などの具体的な要素を省くか迷ったのですが、最初の直感を信じてTimes Squareで粘るつもりでいます。
で、またLizとのミーティングがあって、今度は比較的良い反応だったのですが、いざ具体的にどういう方向性で設計をすすめるかという話で、Lizはファサードの面積と延べ床面積を比較したり、Times Squareに限らず様々な場所でケーススタディをして、どちらかというと建築制限の制度を作っていくような感じで行けと、個人的にはあんまり興味の持てない方向に進むように言われてしまいました。
一方で、AdviserであるMichaelからは、単体の建築のデザインに専念しろと、Lizとは正反対の意見が。
始まっていきなり板挟みになってしまいました。さて、どうするか。

The term “Smart” represents multi-functionality and adaptability gained with the aid of technology. As we can see in a phone, in which physical buttons have been merged into a display and it becomes either an output or an input device, technology has dissolved boundaries of various elements. Whereas disciplines other than architecture take advantage of technology to merge elements and make them multi-functional, architecture persists on articulation of each element. Escalator and elevator broke a continuity between different floors, and dry construction method implies that all the components in a building can be disassembled easily.

Since Modernism, architecture has enhanced the articulation, and puts slab as the most fundamental element above others: wall, column, envelope etc, since it is the only element on which people can inhabit. A value of a building is mainly determined by a total floor area in the world of capitalism.

However, this concept becomes obsolete in Times Square where digital signage covers every facade of a building and there is no choice in architectural typology other than decorated shed. Here, the limit of the current paradigm which is persistent in articulation and superiority of floor becomes evident. A value of building envelope exceeds a value of floor. The most extreme example of this is One Times Square. The monthly rate of billboard space in One Times Square is approximately $130 per sqft, whereas the average rate of office space in Manhattan is $54 per sqft, and since it is impossible to have windows on walls where signage covers and also because leasing the entire envelope for billboards gains more revenue than leasing the tenant floors, the tower has tenants on only the first three floors and the rest 22 floors are vacant. This shows the limit of the current paradigm which is persistent in articulation and superiority of floor. The street level of Times Square has chaotic but somewhat energetic atmosphere. There’s always somethings going on somewhere spontaneously, and simultaneously. However, interior space of buildings is completely articulated from the street, thus there’s no interaction between them.

This thesis rethinks this schizophrenia in architecture : articulation between floors and walls, interior and exterior etc, invents the new way of advertisement system which spans over different elements and dissolve their articulations, experiments how a building can actively engage in the urban context and become a catalyst for activating the festive atmosphere of the city.
[PR]

by hirano-eureka | 2012-02-11 07:14 | 修士設計
2012年 02月 05日
2011 Fall Thesis Final Review
e0001534_6554660.jpg

先日、ThesisのFinal Reviewがありました。

今セメスタのテーマは”Useless”。Fallセメスタは1.5年コースの学生のみがThesisをするので、合計8人と少なかったのですが(春セメスタは3年と2年コース両方がThesisをするので、15人程)、それぞれキーワードの捉え方は多種多様で、都市的な提案、オフィス、形態の提案と色々ありました。
こちらでも日本の大学の卒計と同様に、後輩や、はたまたOBも仕事放り出して(!)模型や図面を手伝う慣習があります。僕はHaniスタジオの時の相方を手伝いました。

彼は普段から船舶の古い資料を図書館から引っ張りだしてきては読んだり、図面からRhinoでモデリングしたりと超のつく船舶オタクで、さらにアドヴァイザーはJesseということもあり(Jesse自身も第二次世界大戦期の戦闘機オタク)趣味全開のものを作っていました。
e0001534_6561734.jpg

e0001534_6561812.jpg


彼のプロジェクト、コルビュジエが船や車からインスピレーションを受けて主に住宅作品を設計したが、そのときに着目されたのはそれらのもつ機能性のみで、船や車の持つ形態は建築にとっては無意味(Useless)として無視されたが、その無意味な(Uselessな)形態のみを船舶から抽出して、そこに建築的なファンクションを無理矢理嵌め込むとどうなるか、というある種の実験。具体的には船舶の船底から形態スタディを続けて流線型のオブジェクトをまず作り(これはGottfried SemperがSlingの形態を流体力学から割り出すのに没頭していたのを思い起こさせる)、そこに住宅の機能を当てはめるのですが、そのオブジェクトはクレーンで吊るされていて回転出来るようになっていたり、なんだかよくわからない事になっています。
e0001534_6561657.jpg

e0001534_6572640.jpg


ReviewではSylvia Lavinが(住宅が)回転するシナリオが分からないと口火を切ってから、そもそもなぜ船なのか?など基本的に集中砲火を浴びていたのですが、確かにどの批判も至極真っ当笑。ただ個人的にはコンセプトの強度うんぬんよりも、個人のobsessionがここまで凝縮されたプロジェクトが出来たという点で非常に良いと思いました。

その他のプロジェクトのレビュー風景を以下にざっと。
e0001534_6581929.jpg

e0001534_6583529.jpg

e0001534_658535.jpg

e0001534_659826.jpg

e0001534_6592657.jpg

e0001534_659445.jpg

個人的に気になったのは殆どどのプロジェクトも「設計」が出来ていない事。コンセプトの組み立てまではしっかりされていても、その後の具体的なDimensionが入った設計は殆どされず、何となくの雰囲気だけが伝わってくるボヤっとしたパースかアクソメがあるだけのケースが非常に多かったです。さらに審査員からもまったくそれについての指摘はなく、ひたすらコンセプトの強度についての議論しか行われていませんでした。もちろん、構造がどうなっているだの、ディテールが・・・という議論をすべきとは思いませんが、なんというか、出来た「モノ」自体にたいする扱いの低さには違和感を感じてしまいます。
[PR]

by hirano-eureka | 2012-02-05 07:00 | 建築チクチク