人気ブログランキング |
2006年 09月 21日
3日目 仙台 part2
朝からあちこち歩いてさすがに疲れたので、どこかで休憩しようと思ったけど、午後から天気が崩れるとのことだったので、早めに見るものを見てさっさと切り上げようと国宝瑞巌寺へ。



これまた先の五大堂と同じく桃山様式で、内装は金箔まみれに極彩色。悪趣味の良趣味というべきか。絶妙なバランスで成立していた。
e0001534_22353756.jpg
外観は結構質素な感じなのに中は凄い。私脱いだら凄いんですといった感じ。
e0001534_22413591.jpg
二条城の建設に関わった大工さんがこちらの建設にも参加したそうで、随所随所に素晴しい細工が施されてあった。

そういえばこちらにも前述の雄島にあったようなほこらがあった。
e0001534_22384719.jpg
このあたりって結構地盤が軟らかいんだろうか。

e0001534_2244338.jpg
参道脇の杉並木は圧巻。東北の寒さの厳しい地に立つ質実剛健な姿が美しい。

これで松島は一通り制覇。お昼はどこもぼったくりプライスだったので急いで仙台に戻る。この時点でまだ12時前。

e0001534_22502465.jpg
松島で古いものを見た後は、仙台で新しい物をと、早速せんだいメディアテークへ。
一階のカフェでカレーライス定食を食べ、3時間ほどエベレーターで上り下りしたり、用もないのに駐車場見たりと不審極まりない行動をした後にホテルにチェックイン。
e0001534_2254586.jpg
1ヶ月前にオープンしたとかで結構綺麗だった。まぁ部屋の広さは気にしない。寝る場所さえあればいいのです。
さすがに疲れたのかしばらく寝たあと、牛タンを食しに夜の街へ。
近くの本屋さんで調べて見つけた店に行くと行列が出来ていた。こんなときに一人旅だと楽だ。別の店にするか迷うことなくいつまでも待っていられる。

20分ほど待った後で合席で入れた。
牛タンシチューに惹かれつつも、他の人に流されて牛タン定食を注文。ミディアムに焼かれた分厚い牛タンに浅漬け、牛ばら肉のスープ、御飯がついて1500円。高いのか安いのか…でもさすが牛タンの街で食べただけあって美味しかった。決して硬すぎず、歯ごたえのあるタンはきっとここでしか食べれないんでしょう。
e0001534_2394081.jpg
しかしなんで牛タンって仙台の名物なのだろう…タンを食べるという風習は仙台から生まれたものなのだろうか…

牛タン食べておなかも心も満たされた後、夜のせんだいメディアテークを見て仙台での一日が終わりました。

by hirano-eureka | 2006-09-21 23:14 |


<< 4日目 仙台-東京      3日目 仙台 part1 >>